FPの家 自然素材住宅研究会

体にやさしい自然素材と、FP工法の高い性能で、快適住宅をご提案

FPの家 自然素材住宅研究会への資料請求、お問い合わせ

FPの家 自然素材住宅研究会とは

今、必要な家づくりを考える ―――
「FPの家」と「自然素材」の出会い

fp_sizen.png

長寿大国となった日本。安心して長く暮らすには長持ちする家が必要です。
なのに日本の住宅の平均寿命はわずか25年程度。
そのわけは、日本の住宅事情が住宅メーカー主導の商業主義に流されているからです。

また、日本の伝統的な住まいは、もともと蒸し暑さを考慮した開放的な作りでした。
襖や障子、さらには玄関を開けて風通しを良くし、夏の暑さや、梅雨時の蒸し暑さをしのいだのです。やがて暮らしの変化に伴って、洋風の家が多くなりましたが、家の性能が飛躍的に良くなったわけではなく、冬は寒いまま、しかも中途半端な断熱・気密施工により、結露・カビに悩まされる住宅が多くみられるようになりました。結露は家の寿命を縮めます。

そこで生まれたのが「FPの家」です。
気候に影響されることなく、いつでも快適な環境を保つには、住宅の断熱性能と気密性能が大きく関わっています。
「FPの家」は硬質ウレタンで作られた断熱パネルで、家じゅうすっぽりと覆うことで、熱損失を最小限に抑え、隙間面積を最小限に留めることで、急激な室内の温度変化を抑えて、体への負担を少なくします。
そして計画換気を取り入れることで、空気をきれいに保つだけでなく、湿度をコントロールし結露を防ぎます。結果、アレルギーや喘息の原因ともなる、カビやダニの発生を防くことにつながります。
季節を問わず家に足を一歩踏み入れただけで、感じる快適さが「FPの家」の特徴です。
また、建物の躯体の中に埋め込まれているFPウレタン断熱パネルの強度は歳月を経ても変わらず、耐震性・遮音性にも優れ、東日本大震災による津波にも耐え抜いた強い構造となっています。

このように末永く安心して暮らしていただける性能を持つ「FPの家」ですが、さらに「FPの家 自然素材住宅研究会」は、長持ちするだけではない、住む人が末永く愛せる家が必要だと考えました。住むほどに家に愛着がわく・・・住む人にそんな心豊かな暮らしをおくっていただきたいと考えたのです。
ヨーロッパでは築後100年の住宅はめずらしくありません。古い建物ほど価値が上がります。住む人は受け継がれてきた家を大切にし、次世代に引き継ごうとします。
それは、建物が、歴史を重ねより味わい深いものになることが理由の一つに違いありません。そのような経年による美しい変化を生み出すのが「自然素材」なのです。
何代にも受け継がれる家を建てて、日本の住環境を改善したい・・・「自然素材」の持つ感性を大事にする「FPの家 自然素材住宅研究会」の家づくりは始まりました。

さらなる良質な素材を求めて

「自然素材」をふんだんに使った家は、身体に優しく、心がやすらぐという「健康」の面においてもプラスの効果を与えてくれることは説明するまでもないでしょう。しかし、単に「自然素材」と呼ばれている素材を使用していれば問題ないのでしょうか?

たとえば「漆喰」。ビニールクロスが体に良くないものと分かってからは、日本で古くから土蔵や城郭に使われてきた漆喰が再び注目されるようになりました。漆喰には調湿性や防カビ性があります。ですが、市販されているものの中には、表示義務のない人工化学物質が含まれているものがあります。

自然素材の代表とも言える「無垢材」は、虫から身を守るために天然の毒を持っています。木の種類によってはその作用が続く、化学物質過敏症の方の中には反応される方もいます。また、無垢材の建具はその集成に化学接着剤を使用しているものがあります。ですから、室内には人にやさしい抗菌作用の弱い樹種を、土台などの構造材には菌や虫に強い樹種を、バランスを見て適材適所に使用する必要があります。

また、目に見えない下地材に合板を使用していながら「自然素材」を謳う住宅メーカーも見受けられます。
「自然素材」は化学物質のなかった時代の住まいづくりに、当然用いられていたものですが、技術の発達に伴い、本物の「自然素材」と「自然素材風」であるものが混同されている傾向にあります。

「FPの家 自然素材住宅研究会」は数ある「自然素材」の中でも、本当に“体に良いもの”だけを厳選し、家づくりを通して、住む人の「健康」と「安心」を長く守り続けます。
住む人に明るい未来を・・・・それが「FPの家 自然素材住宅研究会」の使命です。

「FPの家 自然素材住宅研究会」が選ぶ自然素材

漆 喰

漆喰写真

石灰石が主成分の天然無機質100%の自然素材。室内壁・外壁の全てに使える理想の塗り壁材です。

天然無垢材

天然無垢材写真

化学接着剤の使用・防腐処理などは全く行わない、生きている素材です。

このページのトップへ